ETCカードの申し込み時期

急な仕事や旅行でETCカードが必要になった場合、申し込んでから時間がかかるようでは間に合いません。

いつぐらいまでに申し込みをすればよいのでしょう。

話題の「即日発行」とはどのようなものでしょうか。

【一般的なETCカードの取得期間】

ETCカードを申し込む場合には必ずクレジットカードの審査を受けることになります。

審査には一定の時間がかかるため全くの新規でクレジットカードとETCカードをセットで申し込む場合には平均で約2週間ほどかかると思っておいたほうがよいでしょう。

既にクレジットカードだけ持っていて、追加でETCカードのみを申し込む場合は約1週間ほどで発行されるようです。

ですが、あくまでも平均であるため実際には企業ごとに異なります。

この企業のETCカードを作ろうと決めているなら発行までどのくらいかかるかをサイトなどで調べて間に合わせるようにしましょう。

【即日発行をうたうカード】

最近では「即日発行」をうたっているクレジットカードが多数あります。

即日といえばすぐにクレジットカードがもらえるようなイメージがあります。

しかし、実際には審査が通ってカードが発行されるのが「即日」であって、実際には発送に日数がかかるのが現状です。

「最短で○営業日発送」といった場合には土日は含まれませんので注意が必要です。

さらにETCカードはクレジットカードの発送が済んでからになるため、さらに1週間ほど待つことになります。

とある流通系のカード会社(A社)は店舗受取で即日発行に対応していますが、もらえるのはショッピングに使える仮カードです。

本カードとETCカードが届くのはさらに後になりますので注意しましょう。

【即日でETCカードをどうしても持ちたい】

現在流通系で1社だけETCカードを含めた即日発行をしているところがあります。

ネットで即日発行の申込みをして、受取方法は「店舗の専用カウンター」、ETCカードは「申し込まない」に設定します(「申し込む」を選択するとETCカードは後日郵送になってしまいます)。

受付が完了したら、企業から確認の電話が入り審査へと流れます。

審査結果はメールで届きますので、それを確認したら最寄りのカウンターに行きクレジットカードとETCカードを同時に受け取ります。

まさに「即日」といったところですが、ネットの受付時間が夕方だと当然翌営業日に回されますし、専用カウンターのすべてが即日の受け渡しに対応しているとは限りません。

郵送の手間を省く代わりにカウンターに行く手間が発生しますので、よく検討して申込みしましょう。