ETCカードの極意を知る

これまでETCカードについて様々な説明をしてきました。

以下に概要をまとめましたので、ETCカード選びの参考にしてみてください。

より正確な情報を知りたい場合は、ETCカードを契約しているクレジット会社の公式サイトで正式な規約を読んで確認しましょう。

①ETCカードは全部同じではない

ETCカードにはそれ1枚でクレジットカードとしても利用できる一体型とETC専用カードとクレジットカードが分かれている分離型があります。

一体型はかさばらないなどのメリットがありますが、盗難に注意が必要です。

自分自身はETCとしてしか使用していなかったとしても、クレジットカードであることに変わりはありません。

②自分にあったカードを選択しよう

ETCカードを作れるクレジットカードには流通系と銀行系の二種類があります。

流通系は比較的審査が通りやすく、ポイントを貯められたり割引サービスを受けられるなど、さまざまな特典が付いているためおすすめです。

③クレジットカードが作れない人用のETCカード

パーソナルカードと家族カードがあります。

パーソナルカードはクレジットカードの審査が通らなかった人、家族カードは専業主婦などで収入がない人におすすめです。

パーソナルカードは郵送での手続きが必要で、平均利用月額に応じたデポジット料金を支払って使用します。

家族カードは、クレジットカードを持っている本人が手続きを行います。

④ETCカードの発行期間

新規で申し込む場合は約2週間ほどはみておいた方がいいでしょう。

既にクレジットカードを持っている人は1週間程度で手元に届きます。

即日発行をうたっているカードもありますが、実際には発行は即日でも郵送でカードが送られてくるため数日かかります。

一部の流通系のカード会社で、店頭受取をすることで即日発行ができる場合もあります。

⑤車を所有していない場合

家族や他人の車・レンタカーを利用する時に、自分のETCカードを使用することができます。

家族間であってもETCカードの貸借は禁止されていますので、もしクレジットカードを持てない場合は家族カードを発行してもらいましょう。

⑥レンタカーでETCを利用する場合

ほとんどのレンタカーはETC対応をしています。

レンタカーを利用する際、ETCカードを持っていなくても窓口で貸出サービスを行っています。

カードのレンタル料は数百円で、実際に割引を受けた高速料金は車の返却時にレンタカー会社の窓口でいっしょに支払います。

車載器とETCカードをセットでレンタルしているところもありますが、高額なためあまりおすすめできません。