ETCカードの極意を知る

これまでETCカードについて様々な説明をしてきました。

以下に概要をまとめましたので、ETCカード選びの参考にしてみてください。

より正確な情報を知りたい場合は、ETCカードを契約しているクレジット会社の公式サイトで正式な規約を読んで確認しましょう。

①ETCカードは全部同じではない

ETCカードにはそれ1枚でクレジットカードとしても利用できる一体型とETC専用カードとクレジットカードが分かれている分離型があります。

一体型はかさばらないなどのメリットがありますが、盗難に注意が必要です。

自分自身はETCとしてしか使用していなかったとしても、クレジットカードであることに変わりはありません。

②自分にあったカードを選択しよう

ETCカードを作れるクレジットカードには流通系と銀行系の二種類があります。

流通系は比較的審査が通りやすく、ポイントを貯められたり割引サービスを受けられるなど、さまざまな特典が付いているためおすすめです。

③クレジットカードが作れない人用のETCカード

パーソナルカードと家族カードがあります。

パーソナルカードはクレジットカードの審査が通らなかった人、家族カードは専業主婦などで収入がない人におすすめです。

パーソナルカードは郵送での手続きが必要で、平均利用月額に応じたデポジット料金を支払って使用します。

家族カードは、クレジットカードを持っている本人が手続きを行います。

④ETCカードの発行期間

新規で申し込む場合は約2週間ほどはみておいた方がいいでしょう。

既にクレジットカードを持っている人は1週間程度で手元に届きます。

即日発行をうたっているカードもありますが、実際には発行は即日でも郵送でカードが送られてくるため数日かかります。

一部の流通系のカード会社で、店頭受取をすることで即日発行ができる場合もあります。

⑤車を所有していない場合

家族や他人の車・レンタカーを利用する時に、自分のETCカードを使用することができます。

家族間であってもETCカードの貸借は禁止されていますので、もしクレジットカードを持てない場合は家族カードを発行してもらいましょう。

⑥レンタカーでETCを利用する場合

ほとんどのレンタカーはETC対応をしています。

レンタカーを利用する際、ETCカードを持っていなくても窓口で貸出サービスを行っています。

カードのレンタル料は数百円で、実際に割引を受けた高速料金は車の返却時にレンタカー会社の窓口でいっしょに支払います。

車載器とETCカードをセットでレンタルしているところもありますが、高額なためあまりおすすめできません。

ETCカードとレンタルについて

仕事だけでなく、友人同士での旅行など遊びでレンタカーを利用する人も最近は増えています。

そこで自分のETCカードを使いたいといった場合、そういったことはできるのでしょうか。

レンタカーで高速道路を利用する場合、ETCカードの使用はできるのでしょうか。

もちろん、レンタカーに車載器が搭載されている場合は自分のETCカードを使って走行することができます。

現在はほとんどのレンタカーがETCに対応しているといってよいでしょう。

自分のETCカードを持っていない場合は、レンタカー会社のETCカードを貸し出してくれるサービスがあります。

レンタル料金は会社によって異なりますが、数百円程度で借りることができます。

気になる走行料金ですが、車の返却時にレンタル料金と一緒に支払う方法が一般的です。

領収書が必要な場合には、店頭で発行してもらうことができます。

自分のETCカードを使用した場合はクレジットカードの利用明細が領収書の代わりとなります。

ETCカードの使用履歴などを確認する場合、ETC利用照会サービスに登録すれば閲覧することができます。

レンタカーを使って登録をする場合は車載器管理番号や車両番号がわからないと登録をすることができません。

その場合は、利用したレンタカー会社の窓口に問い合わせ車載器管理番号などを確認することによって、登録することが可能です。

一度登録してしまえば、次回からはどのレンタカーを使っても使用履歴が残るためいつでも確認することが可能です。

また最近では、ETC限定で地域と観光施設提携型のドライブプランという旅行商品もあります。

定められた期間中、1日限りで使用可能なプランで、高速と施設利用料はこちらのプランを使った方が割安です。

ちょっとした日帰り旅行をするなら、レンタカーを借りてこういうプランを利用するのもいいですね。

休日を満喫するお得なETC日帰り旅行プラン(http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1042955.html

では車を所有しているけど、ETCに対応していない場合はどうでしょう。

年に数回しか高速を利用することがないため、車載器をレンタルしてくれれば事足りるという人もいます。

車載器を貸し出してくれるサービスは存在するのでしょうか?実は、車検や修理を扱っている車の総合サービス会社や一部の団体などでレンタルサービスを行っているところがあります。

しかし、レンタル料金が1泊で数千円単位であったり、パーソナルカードのように高額なデポジットを払うところがあるため、レンタルをしてまで高速料金の割引サービスを受けることがお得かといったら難しいところです。

おそらくレンタルの都度セットアップをし直していることが高額な原因と考えられますが、それなら正規の高速料金を支払った方が割安な可能性が高いため、おすすめとはいえません。

せっかくETCカードを持っているのなら今後のことを考えて、車載器を購入してセットアップした方が賢明といえるでしょう。

車を所有していない場合のETCカード

車に乗って出かけるのは好きだけど、都会住まいのため自動車を所有していなかったり、自分の車ではないけど家族の車を使わせてもらってる人などはETCカードを持つことができるのでしょうか。

【レンタカーの場合】

車は持っていないけど、レンタカーで時々高速に乗って遠出をする場合、高速料金は料金所で現金で支払う以外に方法はないのでしょうか。

この場合、レンタカーに車載器が搭載されていれば自分のETCカードを使って乗車することができます。

レンタカーを頻繁に利用する人は、将来車を買うこともあるかもしれませんし、ETCカードはぜひ1枚は持っておきたいところです。

当然ですが、同乗していない友人など、他人名義のETCカードを借りてレンタカーで利用することはできません。

【家族の車を共有している場合】

1台の車を数人の家族で共有していることは往々にしてあります。

もし、その車に車載器がついていたら、運転者名義のETCカードを使って高速を走行することができるので、自分名義のETCカードがあれば便利でしょう。

例えば、急に高速に乗ることになったけど、ETCカードを持っていないので父親のETCカードを借りてしまおう…そういったことはできるのでしょうか?答えはNOです。

家族であっても自分名義以外のETCカードの貸し借りは厳禁です(ただし、運転していない同乗者のETCカードを使うことは可能です)。

理由はシンプルですが、ETCカードの貸借はカード会社の規約違反にあたるからです。

例えば、借りたETCカードでエラーが出てゲートが開かなかった場合、運転者とカードの名義人が違った場合は信用問題に発展し最悪の場合クレジットカードが停止されてしまう恐れがあります。

また、万に一つ盗難に遭いカードが悪用されてしまった場合、通常であれば補償されるものが対象外になってしまうというデメリットもあります。

では、家族と今後も車を共有する場合、ETCカードはどうしたらよいのでしょうか?例えば、専業主婦が配偶者の車を使う時などは配偶者のETCカードは使えません。

そのために「家族カード」をほとんどの企業で発行しています。

配偶者に家族カードの発行を依頼し、審査が通れば家族カードとそれに付帯したETC家族カードが発行されます。

家族カードがあればクレジットカードとしても利用ができますし、ポイント還元も期待されるため家計の幅が広がるでしょう。

ETCカードの申し込み時期

急な仕事や旅行でETCカードが必要になった場合、申し込んでから時間がかかるようでは間に合いません。

いつぐらいまでに申し込みをすればよいのでしょう。

話題の「即日発行」とはどのようなものでしょうか。

【一般的なETCカードの取得期間】

ETCカードを申し込む場合には必ずクレジットカードの審査を受けることになります。

審査には一定の時間がかかるため全くの新規でクレジットカードとETCカードをセットで申し込む場合には平均で約2週間ほどかかると思っておいたほうがよいでしょう。

既にクレジットカードだけ持っていて、追加でETCカードのみを申し込む場合は約1週間ほどで発行されるようです。

ですが、あくまでも平均であるため実際には企業ごとに異なります。

この企業のETCカードを作ろうと決めているなら発行までどのくらいかかるかをサイトなどで調べて間に合わせるようにしましょう。

【即日発行をうたうカード】

最近では「即日発行」をうたっているクレジットカードが多数あります。

即日といえばすぐにクレジットカードがもらえるようなイメージがあります。

しかし、実際には審査が通ってカードが発行されるのが「即日」であって、実際には発送に日数がかかるのが現状です。

「最短で○営業日発送」といった場合には土日は含まれませんので注意が必要です。

さらにETCカードはクレジットカードの発送が済んでからになるため、さらに1週間ほど待つことになります。

とある流通系のカード会社(A社)は店舗受取で即日発行に対応していますが、もらえるのはショッピングに使える仮カードです。

本カードとETCカードが届くのはさらに後になりますので注意しましょう。

【即日でETCカードをどうしても持ちたい】

現在流通系で1社だけETCカードを含めた即日発行をしているところがあります。

ネットで即日発行の申込みをして、受取方法は「店舗の専用カウンター」、ETCカードは「申し込まない」に設定します(「申し込む」を選択するとETCカードは後日郵送になってしまいます)。

受付が完了したら、企業から確認の電話が入り審査へと流れます。

審査結果はメールで届きますので、それを確認したら最寄りのカウンターに行きクレジットカードとETCカードを同時に受け取ります。

まさに「即日」といったところですが、ネットの受付時間が夕方だと当然翌営業日に回されますし、専用カウンターのすべてが即日の受け渡しに対応しているとは限りません。

郵送の手間を省く代わりにカウンターに行く手間が発生しますので、よく検討して申込みしましょう。

ETCカードの種類②家族カード

専業主婦などでクレジットカードを作ることが難しい場合、ETCカードはどのようにして持つことができるのでしょう。

ETCカードの貸し借りはできませんので、この場合は自分自身のETCカードとして「家族カード」を持つことができます。

家族カードとはいったいどのような仕組みになっているのでしょう。

【申し込み方法】

配偶者など、クレジットカードの名義人本人が手続きを行います。

手続きは会社により異なりますが、ネットで手続きできるところが多いです。

新規で申し込みをする場合は、同時に家族カードも申し込むことができます。

既にクレジットカードを持っている場合は、家族カードの追加発行の手続きを行います。

審査は家族ではなく、本人の年収などで行われるため、本人が安定した職業についていれば通りやすいといえるでしょう。

審査が通れば郵送で家族カードが届き、そこから更に遅れてETCカードが届くかたちになります。

【家族カードの使い方】

使い方は通常のETCカードと同じで、車に乗るときに車載器にETCカードを差し込みます。

高速道路を利用すれば高速料金の割引を受けることができる点も同じです。

異なる点は支払いの面です。

家族カードの場合は、請求はすべて主たる契約者になりますので配偶者の口座から引き落とされることになります。

【メリット・デメリット】

家族カードのメリットとしては、請求がすべて同じところにいくため家計をひとつにまとめやすく、またポイントもまとめて合算されて貯まるため効率よくポイントが貯まります。

補償の面でも、名義人と同じ内容になるため万が一盗難や事故に遭った場合は同じように補償を受けることができます。

デメリットとしては、請求がひとつにまとまるということは支払明細も1枚になるためクレジットで何を買ったか、何に使ったかがお互いにわかってしまうところです。

会社にもよりますが、引き落とし口座を分けることができないため、財布を別々にしている家族の場合はひとつの口座から引き落としされてしまうというネックもあります。

また、家族カードの場合は家族のクレヒス(クレジットカードの信用履歴)が育たないため、今後もし自分名義のクレジットカードを作ろうとしても審査が通りづらい可能性があります。

もし、自分名義のETCカードを持てる状態で審査も通りやすいような安定した収入があるのでしたら、自分名義のETCカードを申し込むことも視野にいれたほうがよいかもしれません。