ETCカードとレンタルについて

仕事だけでなく、友人同士での旅行など遊びでレンタカーを利用する人も最近は増えています。

そこで自分のETCカードを使いたいといった場合、そういったことはできるのでしょうか。

レンタカーで高速道路を利用する場合、ETCカードの使用はできるのでしょうか。

もちろん、レンタカーに車載器が搭載されている場合は自分のETCカードを使って走行することができます。

現在はほとんどのレンタカーがETCに対応しているといってよいでしょう。

自分のETCカードを持っていない場合は、レンタカー会社のETCカードを貸し出してくれるサービスがあります。

レンタル料金は会社によって異なりますが、数百円程度で借りることができます。

気になる走行料金ですが、車の返却時にレンタル料金と一緒に支払う方法が一般的です。

領収書が必要な場合には、店頭で発行してもらうことができます。

自分のETCカードを使用した場合はクレジットカードの利用明細が領収書の代わりとなります。

ETCカードの使用履歴などを確認する場合、ETC利用照会サービスに登録すれば閲覧することができます。

レンタカーを使って登録をする場合は車載器管理番号や車両番号がわからないと登録をすることができません。

その場合は、利用したレンタカー会社の窓口に問い合わせ車載器管理番号などを確認することによって、登録することが可能です。

一度登録してしまえば、次回からはどのレンタカーを使っても使用履歴が残るためいつでも確認することが可能です。

また最近では、ETC限定で地域と観光施設提携型のドライブプランという旅行商品もあります。

定められた期間中、1日限りで使用可能なプランで、高速と施設利用料はこちらのプランを使った方が割安です。

ちょっとした日帰り旅行をするなら、レンタカーを借りてこういうプランを利用するのもいいですね。

休日を満喫するお得なETC日帰り旅行プラン(http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1042955.html

では車を所有しているけど、ETCに対応していない場合はどうでしょう。

年に数回しか高速を利用することがないため、車載器をレンタルしてくれれば事足りるという人もいます。

車載器を貸し出してくれるサービスは存在するのでしょうか?実は、車検や修理を扱っている車の総合サービス会社や一部の団体などでレンタルサービスを行っているところがあります。

しかし、レンタル料金が1泊で数千円単位であったり、パーソナルカードのように高額なデポジットを払うところがあるため、レンタルをしてまで高速料金の割引サービスを受けることがお得かといったら難しいところです。

おそらくレンタルの都度セットアップをし直していることが高額な原因と考えられますが、それなら正規の高速料金を支払った方が割安な可能性が高いため、おすすめとはいえません。

せっかくETCカードを持っているのなら今後のことを考えて、車載器を購入してセットアップした方が賢明といえるでしょう。