車を所有していない場合のETCカード

車に乗って出かけるのは好きだけど、都会住まいのため自動車を所有していなかったり、自分の車ではないけど家族の車を使わせてもらってる人などはETCカードを持つことができるのでしょうか。

【レンタカーの場合】

車は持っていないけど、レンタカーで時々高速に乗って遠出をする場合、高速料金は料金所で現金で支払う以外に方法はないのでしょうか。

この場合、レンタカーに車載器が搭載されていれば自分のETCカードを使って乗車することができます。

レンタカーを頻繁に利用する人は、将来車を買うこともあるかもしれませんし、ETCカードはぜひ1枚は持っておきたいところです。

当然ですが、同乗していない友人など、他人名義のETCカードを借りてレンタカーで利用することはできません。

【家族の車を共有している場合】

1台の車を数人の家族で共有していることは往々にしてあります。

もし、その車に車載器がついていたら、運転者名義のETCカードを使って高速を走行することができるので、自分名義のETCカードがあれば便利でしょう。

例えば、急に高速に乗ることになったけど、ETCカードを持っていないので父親のETCカードを借りてしまおう…そういったことはできるのでしょうか?答えはNOです。

家族であっても自分名義以外のETCカードの貸し借りは厳禁です(ただし、運転していない同乗者のETCカードを使うことは可能です)。

理由はシンプルですが、ETCカードの貸借はカード会社の規約違反にあたるからです。

例えば、借りたETCカードでエラーが出てゲートが開かなかった場合、運転者とカードの名義人が違った場合は信用問題に発展し最悪の場合クレジットカードが停止されてしまう恐れがあります。

また、万に一つ盗難に遭いカードが悪用されてしまった場合、通常であれば補償されるものが対象外になってしまうというデメリットもあります。

では、家族と今後も車を共有する場合、ETCカードはどうしたらよいのでしょうか?例えば、専業主婦が配偶者の車を使う時などは配偶者のETCカードは使えません。

そのために「家族カード」をほとんどの企業で発行しています。

配偶者に家族カードの発行を依頼し、審査が通れば家族カードとそれに付帯したETC家族カードが発行されます。

家族カードがあればクレジットカードとしても利用ができますし、ポイント還元も期待されるため家計の幅が広がるでしょう。