ETCカードの種類②家族カード

専業主婦などでクレジットカードを作ることが難しい場合、ETCカードはどのようにして持つことができるのでしょう。

ETCカードの貸し借りはできませんので、この場合は自分自身のETCカードとして「家族カード」を持つことができます。

家族カードとはいったいどのような仕組みになっているのでしょう。

【申し込み方法】

配偶者など、クレジットカードの名義人本人が手続きを行います。

手続きは会社により異なりますが、ネットで手続きできるところが多いです。

新規で申し込みをする場合は、同時に家族カードも申し込むことができます。

既にクレジットカードを持っている場合は、家族カードの追加発行の手続きを行います。

審査は家族ではなく、本人の年収などで行われるため、本人が安定した職業についていれば通りやすいといえるでしょう。

審査が通れば郵送で家族カードが届き、そこから更に遅れてETCカードが届くかたちになります。

【家族カードの使い方】

使い方は通常のETCカードと同じで、車に乗るときに車載器にETCカードを差し込みます。

高速道路を利用すれば高速料金の割引を受けることができる点も同じです。

異なる点は支払いの面です。

家族カードの場合は、請求はすべて主たる契約者になりますので配偶者の口座から引き落とされることになります。

【メリット・デメリット】

家族カードのメリットとしては、請求がすべて同じところにいくため家計をひとつにまとめやすく、またポイントもまとめて合算されて貯まるため効率よくポイントが貯まります。

補償の面でも、名義人と同じ内容になるため万が一盗難や事故に遭った場合は同じように補償を受けることができます。

デメリットとしては、請求がひとつにまとまるということは支払明細も1枚になるためクレジットで何を買ったか、何に使ったかがお互いにわかってしまうところです。

会社にもよりますが、引き落とし口座を分けることができないため、財布を別々にしている家族の場合はひとつの口座から引き落としされてしまうというネックもあります。

また、家族カードの場合は家族のクレヒス(クレジットカードの信用履歴)が育たないため、今後もし自分名義のクレジットカードを作ろうとしても審査が通りづらい可能性があります。

もし、自分名義のETCカードを持てる状態で審査も通りやすいような安定した収入があるのでしたら、自分名義のETCカードを申し込むことも視野にいれたほうがよいかもしれません。