ETCカードの種類①パーソナルカード

ETCカードといえばクレジットカードが必須のように思えますが、クレジット機能を持たないETCカードもあります。

それがETCパーソナルカードです。

パーソナルカードとは、いったどのような特徴を持ったカードなのでしょう。

【ETCパーソナルカードとは】

有料道路の高速料金支払いに特化した、ETCカードと同等の機能を持ち合わせるカードであり、運営は全国の高速道路6社が共同で行っています。

使用するにはデポジットと呼ばれる供託金を支払い、それを担保に所有・利用することができます。

デポジットは高速料金の平均月額に応じて決まります。

平均月額は5000円ごとに区切られており、デポジットの目安は4倍です。

例えば月の平均利用額が10000円であった場合は40000円のデポジットが必要となります。

利用料金は月に1回、所定の口座から引き落とされます。

【申し込み方法】

書面での申し込みが必要となります。

 申込用紙は各高速道路のSAに置いてあるのを利用するか、運営事務局に電話で散りよせることができます。

申込書に必要事項を記入し、本人確認書類のコピーを添えて郵送します。

なお、高速料金の支払にはゆうちょ銀行または銀行口座が必要となりますので忘れずに記入しましょう。

書類に不備がなければ、事務局からデポジットの支払通知が届きますので振込やコンビニなどで支払いを行います。

入金確認が取れたら、郵送でETCカードが送られてきますので、手続き完了となります。

目安としては申し込みから約2週間程度みておけばよいでしょう。

【メリットとデメリット】

パーソナルカードのメリットは、やはりクレジットカードが作れない人でも気軽にETCカードを持てるところにあります。

手続きは少々煩雑ですが、カードが手元に届く日数も約2週間ほどで、一般のクレジットカード機能付きETCカードとほとんど変わりません。

デメリットとしては、デポジットが平均利用月額の4倍と高額であることです。

また、途中で利用料が増えるとそれに応じたデポジット料金を追加で請求されることになります。

意外と見落とされがちなのが年会費です。

パーソナルカードは運営費用として年間1234円の年会費がかかるのです。

年会費無料のクレジット付ETCカードと比べると、ポイント還元やかかる費用の面で大きな差があります。

クレジットカードが持てない人は仕方ありませんが、持てるのに持ちたくない人などは熟考して選択することが重要です。