ETCカードとクレジットカード

高速道路をよく利用するドライバーであれば、ぜひ1枚は持っておきたいETCカード。

これからETCカードを作ってみようと思う人も多いと思いますが、ETCカード=クレジット機能というイメージがあるのではないでしょうか。

それぐらいETCカードにはクレジット機能が密接に結びついています。

ETCのシステムは、高速道路のゲートを通過した時点で高速料金が発生しETCカードに情報が反映されます。

「その場で高速料金を現金で払わなくて済む」ことがETC最大のメリットです。

当然ですが料金は後払いとなるため、ETCカードのクレジット機能を使って料金を引き落とすことになります。

ETCカードを使って後払いで高速料金の買い物をする、とイメージすればわかりやすいでしょうか。

ゆえにETCカードは、クレジットカードにその機能が付いているものとして考えることができるでしょう。

ところでETCカードにはクレジット一体型と呼ばれるものとクレジット分離型と呼ばれるものがあります。

どのような違いがあるのでしょう。

【クレジット一体型】

クレジットカードそのものに、ETCカードの機能がついているものを指します。

ETCカードとして使う時は、直に車載器にそのカードを差し込んで使用します。

また、一般的なクレジットカードの使い方と同様ショッピングやキャッシングに利用できます。

また、この機能の他に発行会社のサービスやポイントなどもそのまま利用できます。

一体型のカードがすべての機能が1枚で済むため、1枚2役、3役と呼ばれるのはこのためです。

財布の中でカードがかさばりません。

カード類を何枚も持ち歩くのが苦手という人にはうってつけです。

あくまでも「クレジットカード」ですので車載器に差しっぱなしにしておくと盗難や故障など思わぬトラブルを招きかねないので注意しましょう。

【クレジット分離型】

一般的に利用されているETCカードは、クレジットカード(本カード)のほかに「ETC専用カード」が発行されます。

ETC専用カードは車載器に差して使用するためだけの機能で、これ自体はクレジットの機能を有していません。

ですが、ETC専用カードとクレジットカードは紐づけられているため情報は本カードに反映されます。

デメリットとしては、2枚持ちになるためカードがかさばる、クレジットカードを使おうとしたらETC専用カードだったというような間違えやすさがなど挙げられます。